マイホーム計画、ワクワクしますよね!
間取りや内装にこだわり、理想の空間を思い描くのは楽しいものです。
しかし、外壁の色選びに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

「どんな色を選べばいいかわからない…」
「せっかく選んだ色がイメージと違った…」

そんな後悔をしないためにも、外壁の色選びは慎重に行う必要があります。
この記事では、外壁色の人気ランキングや失敗しないポイントまで詳しく解説します。
後悔のない色選びのために、ぜひこの情報をお役立てください!

外壁の色を選ぶ前に知っておきたいポイント

外壁色は、家の第一印象を大きく左右する重要な要素です。
気に入った色を選ぶことはもちろん、以下の点も考慮しましょう。

  • 家のデザインとの相性
    モダンなデザインにはシンプルな色、洋風には暖かみのある色など、家のデザインと調和する色を選びましょう。
  • 周辺環境との調和
    周囲の建物の色や街並みと調和する色を選ぶと、景観に馴染みやすく、落ち着いた印象になります。
  • 色の耐久性
    汚れや色褪せに強い色を選ぶと、塗り替えの頻度を抑えられます。
  • 方位による色の見え方
    日当たりの良い場所では色が明るく見え、日陰では暗く見えるため、方位による色の見え方も考慮しましょう。

2024年最新!外壁色人気ランキングTOP10

外壁色選びの参考に、2024年最新の外壁色人気ランキングTOP10をご紹介します。

1位:ベージュ

ベージュ

どんなデザインにも合わせやすく、落ち着いた温かみのある印象を与えてくれます。
汚れが目立ちにくいのも人気の理由です。

2位:ホワイト

ホワイト

どんな色とも相性が良く、明るく開放的な印象を与えてくれます。
ただし、汚れが目立ちやすいのが難点です。

3位:グレー

グレー

近年人気上昇中のグレーは、スタイリッシュで洗練された印象を与えてくれます。
汚れが目立ちにくく、耐久性も高いのが魅力です。

4位:ブラウン

ブラウン

落ち着いた雰囲気で、高級感のある印象を与えてくれます。
自然素材との相性も抜群です。

5位:ブラック

ブラック

他の色と組み合わせることで、モダンな印象を与えることができます。
ただし、汚れが目立ちやすく、暑さを感じやすいのが難点です。

6位:ネイビー

ネイビー

シックで落ち着いた印象を与えてくれます。
高級感のある仕上がりになります。

7位:グリーン

グリーン

自然を感じさせる爽やかな印象を与えてくれます。
癒し効果も期待できます。

8位:ブルー

ブルー

清潔感があり、爽やかな印象を与えてくれます。
海や空をイメージさせるような仕上がりになります。

9位:イエロー

イエロー

明るく元気な印象を与えてくれます。
周囲の目を引くような仕上がりになります。

10位:レッド

レッド

情熱的で華やかな印象を与えてくれます。
個性的な仕上がりになります。

ランキングはあくまでも参考です。
実際に外壁色を選ぶ際は、上記で紹介したポイントを踏まえて、あなただけの理想の色を見つけてください。

失敗しない外壁色選びのポイント

外壁色は、家の印象を大きく左右する重要な要素です。
せっかく選んだ色がイメージと違った…なんて後悔をしたくありませんよね。

そこで今回は、外壁色選びの第一歩として、色ごとの印象や特徴を理解することの重要性と、色選びのポイントについてご紹介します。

失敗しないポイント①:色ごとの印象と特徴を理解しよう

色にはそれぞれ異なる印象や特徴があります。

  • :力強さ、活気
  • 黄色:明るさ、元気
  • :爽やかさ、清潔感
  • :自然、癒し
  • 茶色:落ち着き、温かみ

どのようなイメージの家にしたいかを考え、それに合った色を選ぶことが大切です。
また、明るい原色は色褪せしやすい傾向があります。

耐久性を重視する場合は、濃い色や中間色の検討がおすすめです。

失敗しないポイント②:汚れが目立つ色と目立たない色を把握しよう

外壁は、常に風雨にさらされているため、汚れが目立ちやすいものです。

  • 汚れが目立ちにくい色:ベージュ、グレー、ブラウンなど
  • 汚れが目立ちやすい色:ホワイト、ブラック、ネイビーなど

汚れが目立ちにくい色を選ぶことで、塗り替えの頻度を抑えられます。

失敗しないポイント③:近隣や景観とのバランスを考える

外壁色は、周囲の環境との調和も大切です。

  • 周囲の建物の色と調和する色を選ぶ
  • 景観ガイドラインに沿った色を選ぶ

周囲と調和していないと、浮いて見えてしまう可能性があります。

失敗しないポイント④:屋根やサッシ、ドアの色との相性

外壁色だけでなく、屋根やサッシ、ドアの色との相性も考慮する必要があります。

  • 全体的なバランスを意識する
  • コントラストをうまくつける

屋根やサッシ、ドアの色とのバランスが悪いと、まとまりのない印象になってしまいます。

失敗しないポイント⑤:色見本やシミュレーションと違うことがある

色見本やシミュレーションは、あくまでも参考です。

  • 実際の塗料の色は、色見本やシミュレーションとは多少異なる場合がある
  • 大きな面積に塗ると、色の見え方が変わることもある

実際に塗料を塗ったサンプルを見たり、塗り替え業者に相談したりすることをおすすめします。

失敗しないポイント⑥:面積や光の加減によって色の見え方は異なる

色の見え方は、面積や光の加減によっても異なります。

  • 小さな面積で見るよりも、大きな面積で見る方が、色が濃く見える
  • 日当たりの良い場所では色が明るく見え、日陰では暗く見える

実際に外壁に塗ってみる前に、色見本をさまざまな場所で確認することをおすすめします。

まとめ

外壁色は、家の印象を大きく左右する重要な要素です。
ランキングや流行に惑わされず、この記事で紹介したポイントを参考に、あなただけの理想の外壁色を見つけてください。

外壁の色選びは、マイホーム計画の中でも特に楽しい作業の一つです。
家族みんなで意見を出し合い、理想のマイホームを彩りましょう!

外壁の色選びに関する疑問や不安は、専門家に相談してみるのもおすすめです。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。
どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
お問い合わせ・ご相談はこちら