近年、外壁塗装でネイビー色が人気を集めています。
街を歩けば、ネイビーの外観を持つ住宅を目にする機会も増えているのではないでしょうか。
しかし、なぜネイビーが選ばれるのでしょうか?

そこで今回は、ネイビー外壁の魅力と注意点、そしておしゃれな住まいを実現するためのポイントをご紹介します。
ネイビー外壁のメリット・デメリットを理解し、自分好みの住まいを創造するためのヒントを見つけてください。

外壁のネイビーが人気の理由

ネイビーは、深い青色にわずかに紫がかった色合いを持つ、洗練された印象を与えるカラーです。
高級感と重厚感を湛え、周囲の空間をワンランクアップさせてくれます。

近年、外壁にネイビーを取り入れる住宅が増えています。その理由は、以下の点が挙げられます。

  • 上質な雰囲気を演出
    深みのあるネイビーは、高級感や重厚感を演出し、洗練された空間を印象付けます。

  • 調和性
    ネイビーは、白やグレーなどのベーシックカラーはもちろん、ブラウンやグリーンなどの自然色とも調和しやすく、幅広い外観デザインに合わせることができます。

  • アクセントカラーとしての効果
    ネイビーをアクセントカラーとして取り入れることで、外観にメリハリを与え、奥行きのある印象に仕上げることができます。

外壁をネイビーにする3つの魅力とは?

近年、外壁塗装においてネイビー色が人気を集めています。
今回は、ネイビーの外壁を選ぶ3つの魅力をご紹介します。

1. 周りと差をつけ、洗練された外観に

街並みを見渡すと、ベージュやグレーの外壁が多いのが一般的です。
ネイビーは、そのような一般的な色合いとは一線を画す、洗練された印象を与えてくれます。
派手すぎず、高級感のあるネイビーは、周囲の住宅との調和をとりながらもおしゃれな外観を演出します。

さらに、ネイビーは濃淡様々な色合いが存在するため、お好みに合わせて選ぶことができます。
深みのある紺色でシックな雰囲気に、あるいは明るめの青色で爽やかなイメージに、住まいの個性を存分に表現することができます。

2. 多彩なデザインを可能にする幅広い表現力

ネイビーは、合わせる色によって様々な表情を見せてくれます。
ブラウンや白などのベーシックな色と組み合わせれば、落ち着いた雰囲気に。
黄色や緑などの鮮やかな色と組み合わせれば、個性的な外観に仕上げることができます。

ネイビーの持つ奥深さは、和風、洋風、モダンなど、どんな建築様式にも調和します。
洗練された大人の空間から、遊び心のある個性的な空間まで、幅広いデザインを可能にするのがネイビーの魅力です。

3. 紫外線に強く、美しさが長持ち

ネイビーは、紫外線に強いという特性を持っています。
紫外線を反射する性質を持つため、黒などの色に比べて劣化しにくく、長期間美しい外観を保つことができます。

紫外線による塗膜の劣化は、外壁塗装のメンテナンスサイクルを早める原因となります。
ネイビーを選ぶことで、塗り替え時期を遅らせることができ、ランニングコストを抑えることができます。

道路標識に青色が使われているのも、この理由からです。
ネイビーは、美しさと機能性を兼ね備えた、まさに外壁塗装に最適な色と言えるでしょう。

外壁をネイビーにする2つの注意点

ネイビー外壁は、洗練された外観と高い耐久性から近年人気が高まっています。
しかし、どんな色にもメリットとデメリットがあるように、ネイビー外壁にも注意すべき点があります。

1. 汚れが目立ちやすい

ネイビーは、白やベージュなどの淡色に比べて、汚れが目立ちやすい傾向があります。
これは、ネイビーが光を吸収しやすい色であるため、埃や砂埃、コケ、鳥の糞などの汚れが目立ちやすくなるからです。
特に、濃いネイビーの場合は、経年劣化による色褪せも白っぽく目立ってしまいます。

しかし、これはネイビーに限ったことではなく、黒などの濃い色すべてに当てはまることです。
また、白系の外壁に比べて、雨だれやカビなどの黒ずみ汚れは目立ちにくいというメリットもあります。

2. 艶が目立ちやすい

特に濃いネイビーは、艶が目立ちやすいというデメリットもあります。
これは、ネイビーが紫外線を反射しやすい色であるため、外壁が太陽光を反射して塗料の艶を際立たせてしまうからです。

光沢のある外観が好みの方には問題ありませんが、マットな仕上がりを希望する方や、ギラギラした印象が苦手な場合は、注意が必要です。
このような場合は、3分艶~艶なし塗料を使用したり、艶の度合いを調整しながら塗装することが必要になります。

ネイビーと相性抜群のツートンカラー

ネイビーは、単色で塗装するのも素敵ですが、ツートンカラーにすることで、より洗練された印象に仕上げることができます。ここでは、ネイビーと相性の良いツートンカラーを4つご紹介します。

1. ネイビー×グレー:洗練された大人の空間

ネイビー×グレー


ネイビーとグレーは、どちらも落ち着いた色合いで、洗練された大人の空間を演出します。

  • ネイビー:上品で重厚感のある色調
  • グレー:落ち着いた中性的な色調

この組み合わせは、高級感のあるモダンな外観に仕上がります。都会的な雰囲気を演出したい方におすすめです。

2. ネイビー×ホワイト:清潔感あふれる爽やかな印象

ネイビー×ホワイト


ネイビーとホワイトは、清潔感あふれる爽やかな印象を与えます。

  • ネイビー:爽やかさを引き立てる深い青色
  • ホワイト:清潔感を与える明るい色

この組み合わせは、地中海風の外観や北欧風の外観にぴったりです。明るく開放的な空間を演出したい方におすすめです。

3. ネイビー×ブラウン:自然な温かみのある空間

ネイビー×ブラウン


ネイビーとブラウンは、自然な温かみのある空間を演出します。

  • ネイビー:上品で落ち着いた青色
  • ブラウン:木材や自然物に見られる色

この組み合わせは、ログハウスのような雰囲気を演出したい方におすすめです。ナチュラルな空間で、ゆっくりと過ごしたい方におすすめです。

4. ネイビー×ベージュ:優しい雰囲気を演出

ネイビー×ベージュ


ネイビーとベージュは、優しい雰囲気を演出します。

  • ネイビー:上品さを残す深い青色
  • ベージュ:優しい印象を与える柔らかい色

この組み合わせは、可愛らしい雰囲気を演出したい方におすすめです。女性らしい空間を演出したい方にもおすすめです。

外壁のネイビーをワンランク上のおしゃれなデザインにする方法

ネイビー外壁は、洗練された印象と高級感を演出できる人気のカラーです。
しかし、単色で塗装するだけでは、せっかくの魅力が活かせません。そこで今回は、ネイビー外壁をよりおしゃれにするためのデザインテクニックをご紹介します。

1.濃淡で遊ぶ:表情豊かなネイビーを表現

ブルー系の塗料は、その濃度によって様々な表情を見せます。

  • 明るいブルー:爽やかで軽快な印象
  • 暗いブルー:高級感あふれる落ち着いた印象

日当たりや周辺建物の色合い、ご自身の好みに合わせて、最適な濃淡を選びましょう。

2. 3色配色で奥行きを演出:黄金比で洗練された佇まい

外壁デザインをワンランクアップさせるには、3色配色がおすすめです。

  • ベースカラー (60%):全体的な雰囲気を決めるメインカラー
  • アソートカラー (30%):ベースカラーを引き立てるサブカラー
  • アクセントカラー (10%):個性を演出するポイントカラー

この黄金比で配色することで、バランスのとれた洗練された外観に仕上がります。

3. 配置で個性を演出:遊び心で印象を変える

ネイビーの配置方法によって、様々な印象を演出することができます。

  • 上下配色:1階と2階でカラーを変えることで、軽快感や重厚感を表現
  • 縦ストライプ:スタイリッシュでシャープな印象を与える
  • 部分アクセント:ベランダや窓枠などをネイビーで塗装し、個性を演出

建物の形状やデザインに合わせて、最適な配置方法を選びましょう。

ネイビーの外壁を成功させるための4つのポイント

ネイビー外壁は、洗練された印象と高級感を演出できますが、いくつかの注意点もあります。
そこで今回は、ネイビー外壁を成功させるための4つのポイントをご紹介します。

1. 明るめのネイビーを選ぶ

濃いネイビーは、汚れや色褪せが目立ちやすいというデメリットがあります。
そのため、やや明るめのネイビーを選ぶことで、これらのデメリットを軽減することができます。

2. 防汚性の高い塗料を使う

ネイビーは、汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。
そこで、防汚性や防藻性に優れた塗料を選ぶことで、汚れや藻の付着を防ぐことができます。

3. 艶を抑えた塗料を使う

ネイビーは、光沢が出やすいというデメリットもあります。
艶を抑えた塗料を使うことで、落ち着いた印象に仕上げることができます。

4. 周囲との調和を図る

ネイビーの外壁は、屋根やサッシなどの周囲の色合いとの調和を図ることが重要です。
例えば、白やグレーなどの明るい色と組み合わせることで、重くなりすぎず、爽やかな印象に仕上げることができます。

まとめ

ネイビーの外壁は、深みのある美しさと機能性を兼ね備えた、まさに大人のためのカラーです。
この記事では、ネイビー外壁の魅力、注意点、そしておしゃれに仕上げるためのポイントを詳しくご紹介しました。

ネイビーの外壁は、洗練された美しさ、汚れが目立ちにくい、紫外線に強い、様々なデザインに合わせやすいといったメリットがあります。
一方で、白っぽい色褪せが目立つ、艶が目立つ、費用がやや高価といったデメリットも存在します。

しかし、これらのデメリットを理解し、ポイントを押さえることで、ネイビーの外壁は驚くほど魅力的な外観に変身します。

やや明るめのネイビーを選ぶ、防汚性の高い塗料を使う、艶が少ない塗料を使う、屋根や付帯部との相性をチェックするなど、今回ご紹介したポイントを参考に、ぜひ自分だけの素敵な住まいを実現してください。

ネイビーの外壁は、あなたの住まいに高級感、上品さ、スタイリッシュさをプラスしてくれるでしょう。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら