外壁塗装を検討している方にとって、ツートンカラーは魅力的な選択肢の一つですよね。
単色の外壁とは一味違う、おしゃれで個性的な印象を与えられるツートンカラーですが、実際のところどうなのでしょうか。
費用や配色、後悔しない選び方など、ツートンカラーの外壁について知りたいことはたくさんありますよね。

この記事では、ツートンカラー外壁の配色パターン、費用、選び方など、知っておきたい情報を詳しく解説します。
ツートンカラー外壁で、理想の住まいに近づけるかどうか、一緒に考えていきましょう!

ツートンカラーの外壁とは?

ツートンの外壁とは、2色の異なるカラーを使用した外壁のことを指します。
窓枠や屋根は含まず、建物のメインとなる外壁部分を2色で塗り分けることで、奥行きや立体感を表現し、おしゃれな外観を演出することができます。

近年、ツートンカラーの外壁は非常に人気が高まっており、街中でもツートンの家をよく見かけるようになりました。

ツートンカラーの外壁が人気の理由

ツートンの外壁が人気を集めている理由は、主に以下の3点が挙げられます。

1. 個性的な外観を演出できる

ツートンカラーにすることで、単色の外壁とは一味違う、オリジナリティ溢れる外観を演出することができます。

2. 家の印象を変えることができる

ツートンのカラー選びによって、モダン 、ナチュラル 、北欧風 など、様々なイメージの外観に仕上げることができます。

3. 汚れが目立ちにくい

ツートンカラーにすることで、汚れが目立ちにくくなるというメリットもあります。
特に、濃い色と薄い色を組み合わせることで、汚れが目立ちにくくなります。

外壁のツートンカラーの配色パターン

ツートンカラーの外壁は、色選びだけではなく、配色パターンによって印象が大きく変わります。
ここでは、代表的な3つの配色パターンを紹介し、それぞれの特徴とおすすめの組み合わせをご紹介します。

1. 上下階で分ける配色

上下階で分ける配色

最も一般的な配色パターンです。
階数ごとの塗り分けは、モダンな印象から重厚な印象まで、幅広い表現が可能です。

  • 上:濃い色、下:薄い色 → モダン、スタイリッシュ
  • 上:薄い色、下:濃い色 → 重厚、安定感、家が大きく見える

2. 縦割りで分ける配色

縦割りで分ける配色

縦ラインで塗り分けることで、縦方向に視線を誘導し、建物を高く見せる効果があります。
スタイリッシュな印象を与えたい方におすすめです。

3. 凹凸で分ける配色

凹凸で分ける配色

建物の凹凸に合わせて色を変えることで、奥行きや立体感を演出できます。
平坦な外壁よりも広く感じられる効果も期待できます。モダンな印象を与えたい方におすすめです。

後悔しない!ツートン外壁のポイント

ツートンカラーの外壁は、おしゃれで個性的な外観を演出できる人気のデザインですが、配色を間違えると悪目立ちしてしまう可能性もあります。
ツートン外壁で後悔しないためには、いくつかのポイントを意識することが大切です。

1. 色は多くても3色まで

ツートンカラーと言っても、使用する色は2色が基本です。
3色以上使用すると、まとまりのない印象になりやすいため、避けた方が無難です。
どうしても3色使いたい場合は、メインカラーとアクセントカラーを2色、残りの1色は差し色として少量使うようにしましょう。

2. 同色系でまとめる

同系色でまとめると、統一感が生まれ、落ち着いた印象の外観になります。
初めてツートンカラーに挑戦する方や、派手な印象を避けたい方は、同系色での配色をおすすめします。

3. 色の比率

ツートンカラーの外壁では、色の比率も重要なポイントです。
一般的には、6:4 または 7:3 程度の比率がバランス良く仕上がるとされています。
面積の広い方を濃い色にすると、重厚感が出て、建物が大きく見える効果があります。

4. セパレーションカラーを使用する

セパレーションカラーとは、ツートンの境界線に使用する色のことを指します。
セパレーションカラーを使用することで、ツートンカラーのメリハリがつき 、立体感が生まれます。
白や黒などのベーシックな色を使うのがおすすめです。

ツートンカラーの組み合わせ事例

ここからは、ツートンカラーの組み合わせ事例をご紹介します。

ホワイト✕ブラック

ホワイト✕ブラック

ホワイトブラックツートンカラーは、洗練された都会的な印象を与えてくれます。
モダン住宅スタイリッシュ外観にしたい方におすすめです。

ポイント

  • ブラックの面積を控えめにすることで、重くなりすぎない印象に
  • アクセントとして、玄関ドア窓枠ブラックにするのもおすすめ

ホワイト✕グレー

ホワイト✕グレー

ホワイトグレーツートンカラーは、優しい北欧風ナチュラルな印象を与えてくれます。
どんなテイスト住宅にも合わせやすいので、迷ったらこの組み合わせがおすすめです。

ポイント

  • グレー濃淡を変えることで、表情のある外観
  • 木目調素材組み合わせると、よりナチュラルな印象に

ベージュ✕グレー

ベージュ✕グレー

ベージュグレーツートンカラーは、落ち着いた大人っぽい印象を与えてくれます。
シック住宅高級感のある外観にしたい方におすすめです。

ポイント

  • ベージュトーンを変えることで、明るさ温かみを調整できる
  • 石調素材組み合わせると、より高級感のある外観

ホワイト✕ブラウン

ホワイト✕ブラウン

ホワイトブラウンツートンカラーは、温かみのあるナチュラルな印象を与えてくれます。
カントリー風住宅ログハウスのような外観にしたい方におすすめです。

ポイント

  • ブラウン濃淡を変えることで、カジュアル印象からエレガント印象まで調整できる
  • ウッドデッキガーデン組み合わせると、よりナチュラル雰囲気

ベージュ✕ブラウン

ベージュ✕ブラウン

ベージュブラウンツートンカラーは、優しい洋風印象を与えてくれます。
洋館のような住宅ヨーロピアン外観にしたい方におすすめです。

ポイント

  • ベージュブラウントーン統一することで、まとまりのある外観
  • アーチ窓枠などの装飾を取り入れると、より洋風雰囲気

ホワイト✕ピンク

ホワイト✕ピンク

ホワイトピンクツートンカラーは、可愛らしいロマンチックな印象を与えてくれます。
女性人気組み合わせです。

ポイント

  • ピンクトーンを変えることで、フェミニン印象からカジュアル印象まで調整できる
  • ハートなどのモチーフを取り入れると、より可愛らしい雰囲気に

ツートンカラーと単色の費用の違いは?

外壁塗装を検討中のみなさん、「ツートンカラーって素敵だけど、費用が心配…」という声をよく聞きます。
確かに、2色以上のカラーを使うとなると、単色よりも高くなるイメージですよね。

実は、ツートンカラーと単色の外壁塗装、費用はほぼ変わらないんです!

なぜなら、外壁塗装の費用は主に施工面積と材料の質によって決まるからです。
色数は関係ありません。

ただし、以下のような場合は、ツートンカラーの方が費用が高くなる可能性があります。

  • 片側だけ日当たりが良く、紫外線対策に高機能な塗料が必要な場合
  • レンガやタイルなど、高級感のある素材を使用する場合
  • デザインが複雑で、施工の手間がかかる場合

ツートンカラーの外壁がおすすめの方

こんな方におすすめ

  • 今の外壁がなんだか物足りない
  • 外壁のイメージをガラッと変えたい
  • 簡単に家をオシャレにしたい

ツートンカラーなら、外壁に個性をプラスして、理想の住まいに近づけることができます。

  • 窓や玄関ドアなどの面積が小さいお住まいは、ツートンカラーでアクセントをつけると、華やかな印象になります。
  • 外壁の凹凸を活かしてツートンカラーにすれば、奥行きのある立体的な外観になります。
  • ツートンカラーで好きな色を組み合わせれば、自分だけのオリジナル外壁になります。

まとめ

ツートンカラー外壁について、配色パターン、費用、選び方など、詳しく解説しました。
ツートンカラー外壁は、外観にアクセントをつけ、個性を演出できる魅力的な外壁塗装です。

単色の外壁とは一味違う、おしゃれでスタイリッシュな住まいを実現できます。
ツートンカラー外壁で、あなただけの特別な住まいを叶えませんか?

ツートンカラー外壁について、もっと詳しく知りたい方は、外壁塗装業者にご相談ください。
専門スタッフが、最適なツートンカラーをご提案いたします。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら