外壁の汚れは、見た目だけでなく、建物の寿命にも影響を与える大きな問題です。
定期的な掃除は必要不可欠ですが、時間と労力が掛かり、費用も負担になりますよね。

「外壁掃除の頻度を減らしたい」
「常に清潔な外壁を保ちたい」
「環境に優しい塗料を使いたい」

と考える方は多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが、光触媒塗料です。

光触媒塗料は、太陽光と雨水を利用して汚れを分解・除去するセルフクリーニング機能を搭載しており、外壁掃除の頻度を大幅に減らすことができます。

この記事では、光触媒塗料のメリットとデメリット、他の塗料との比較、光触媒塗料が向いている方について詳しく解説します。

光触媒塗料とは?

近年、外壁塗装で注目を集めている「光触媒塗料」。
太陽光と触媒作用を利用して、汚れを分解・除去し、抗菌・防カビ効果を発揮する次世代の塗料です。

従来の塗料では、時間の経過とともに汚れが蓄積し、カビや藻が発生しやすくなっていました。
また、外壁の汚れは美観を損なうだけでなく、建物の劣化にもつながります。

光触媒塗料は、太陽光に含まれる紫外線が当たると、塗料に含まれる酸化チタンという物質が活性化し、触媒作用を起こします。
この触媒作用によって、空気中の酸素や水と反応し、汚れを分解し、無害な物質に変換します。

さらに、光触媒塗料には抗菌・防カビ効果もあり、カビや藻の繁殖を抑制することができます。
また、消臭効果や空気清浄効果まで期待できます。

このように、光触媒塗料は汚れを防ぎ、建物を長持ちさせ、快適な住空間を実現する次世代の塗料として注目されています。

光触媒塗料のメリット

光触媒塗料は、従来の塗料にはない多くのメリットがあります。
以下に、代表的なメリットを詳しくご紹介します。

メリット①:セルフクリーニング機能で汚れにくい

光触媒塗料は、まるで太陽光で汚れを浄化する魔法のような機能を持っています。
その秘密は、塗料に含まれる酸化チタンという物質です。

太陽光(紫外線)に当たると、酸化チタンが活性化し、光触媒作用という化学反応を起こします。
この光触媒作用によって、塗膜表面に付着した汚れは分解され、無害な物質へと変化します。

そこに雨水が降り注ぐと、分解された汚れは雨水によって洗い流され、外壁は常に清潔な状態を保つことができます。

これがセルフクリーニング機能と呼ばれる仕組みです。
光触媒塗料の外壁は、まるで汚れを撃退するバリアに守られているようなものです。

従来の塗料では、時間の経過とともに汚れが蓄積し、美観を損なうだけでなく、建物の劣化にもつながっていました。
しかし、光触媒塗料なら、汚れを防ぎ、建物を長持ちさせる効果が期待できます。

さらに、光触媒塗料はメンテナンスコストも大幅に削減することができると言われています。
一般的に、外壁塗装や屋根塗装のメンテナンスサイクルは10~15年程度ですが、光触媒塗料なら50%~70%も長持ちすると言われています。

つまり、光触媒塗料を選ぶことで、メンテナンス回数を減らすことができ、ランニングコストを大幅に削減できるのです。
これは、経済的にも環境にも優しい塗料と言えます。

メリット②:抗菌・防カビ効果

光触媒塗料は、カビや藻の繁殖を抑制する抗菌・防カビ効果があります。
カビや藻は、建物の劣化や健康被害の原因となるため、予防することは非常に重要です。
光触媒塗料を使用することで、長く美しい住空間を維持することができます。

メリット③:空気清浄効果

光触媒塗料の抗菌・浄化作用は、室内だけではなく、屋外でも効果を発揮します。
例えば、自動車の排気ガスなどの有害物質(NOx)を分解する空気清浄機能も備えています。
戸建て住宅(約200㎡)の外壁に光触媒塗装をした場合、ポプラの木12本分に相当する空気清浄効果を発揮するとメーカーから公表されています。

メリット④:耐久性が高い

光触媒塗料は、太陽光の紫外線という天敵を逆に利用することで、建物の劣化を遅らせる驚きの機能を持っています。

従来の塗料は、紫外線によって徐々に劣化していくため、一般的に約10年の耐久年数と言われています。
しかし、光触媒塗料は紫外線を利用して光触媒作用を起こし、塗膜表面を保護することで、最長約15~20年という驚異的な耐久性を誇ります。
これは、他の塗料と比べてもトップクラスの耐久性であり、光触媒塗料の大きなメリットと言えるでしょう。

光触媒塗料を選ぶことで、外壁や屋根の塗り替え回数を減らすことができ、ランニングコストを大幅に削減できます。
また、建物の寿命を延ばす効果も期待できます。

このように、光触媒塗料は耐久性という点においても非常に優秀な塗料です。

光触媒塗料のデメリット

光触媒塗料は、多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。
以下に、代表的なデメリットを詳しくご紹介します。

デメリット①:初期費用が高め

光触媒塗料は、初期費用が高額になるという点が、最大のネックと言えます。
一般的なシリコン塗料と比較すると、1.5倍から2倍ほどの価格になる場合がほとんどです。

しかし、光触媒塗料は耐用年数が長いというメリットもあります。
シリコン塗料の耐用年数が約10年であるのに対し、光触媒塗料は15年~20年と、約1.5倍から2倍長持ちすると言われています。

つまり、長期的な視点で考えると、光触媒塗料の方がコストパフォーマンスが優れている可能性があります。

デメリット②:施工が難しい

光触媒塗料は、一般的な塗料と比べて塗装工程が複雑であり、熟練の技術を持つ職人による施工が求められます。

光触媒塗料は、工程を誤ると光触媒の効果が十分に発揮されないだけでなく、塗膜の劣化を早める可能性もあります。そのため、施工業者選びは非常に重要です。

デメリット③:カラーバリエーションが少ない

光触媒塗料は、カラーバリエーションや艶のバリエーションが限られているというデメリットもあります。
これは、光触媒塗料の主成分である酸化チタンが白色顔料であるため、濃い色の塗料を作ることが難しいという点が理由です。

そのため、白系や淡色系のカラーが中心となり、個性的な外観を好む方には不向きと言えるかもしれません。
また、光触媒塗料は、シリコン塗料やウレタン塗料のような鮮やかな艶を出すこともできません。
どちらかというと、マットな質感に近い仕上がりになります。

デメリット④:ひび割れしやすい

光触媒塗料は、従来の塗料と比べてひび割れしやすいという弱点があります。
ひび割れが発生すると、雨漏りなどの原因となるため、定期的なメンテナンスが必要です。

デメリット⑤:日陰や雨天では効果が減少

光触媒塗料は、太陽光(紫外線)と雨水の両方が必要不可欠なため、日陰や屋根などの雨水が当たらない場所では、その真価を発揮できないという点に注意が必要です。

例えば、隣家との距離が近く、日当たりが悪い外壁では、光触媒作用が十分に起こらず、セルフクリーニング機能が期待通りに働かない可能性があります。
また、日当たりの良い場所と悪い場所が混在している場合、日陰の部分だけが目立ってしまうというケースも考えられます。

デメリット⑥:屋根への使用はNG

光触媒塗料は、屋根用の光触媒塗料は販売されていないという点が、大きなデメリットとなります。
そのため、外壁を光触媒塗料で塗装したい場合、屋根は別の塗料で塗り替える必要があります。

ここで注意すべきなのが、屋根と外壁の耐用年数の差です。
光触媒塗料の耐用年数は、一般的に15年~20年と言われています。
一方、屋根用の塗料の耐用年数は、10年~15年程度のものが多いです。

つまり、屋根が先に劣化してしまう可能性があるのです。
そうなると、外壁と屋根を別々のタイミングで塗り替える必要が生じ、足場代などの費用が二重に発生してしまうことになります。

光触媒塗料を使用する場合は、屋根と外壁の塗り替えタイミングを慎重に検討することが重要です。
屋根の耐用年数を延ばす塗料を選ぶ、または、外壁塗装よりも先に屋根塗装を計画するなど、様々な対策を講じましょう。

デメリット⑦:汚れの種類によっては効果が不十分

光触媒塗料は、油脂汚れなどの有機質汚れに対しては、優れたセルフクリーニング機能を発揮します。しかし、土汚れや火山灰などの無機質汚れや、鳥の糞などの強い汚れには効果が不十分であるという点が、重要な注意点です。

中には、「光触媒塗料ならどんな汚れも落としてくれる!」と誇張した説明をする営業マンもいるかもしれませんが、これは誤った認識です。
光触媒塗料は、万能ではないことをしっかりと理解しておきましょう。

他の塗料との比較

外壁塗装を検討する際には、様々な塗料の中から最適なものを選ぶ必要があります。
そこで今回は、光触媒塗料が他の塗料とどれぐらい費用が変わるのか違いを見ていきましょう。

塗料の種類価格相場(1㎡あたり)耐用年数
アクリル塗料1,000~1,600円3~5年
ウレタン塗料1,400~2,300円5~8年
シリコン塗料1,800~2,800円7~13年
ラジカル塗料2,200~3,200円8~14年
フッ素塗料3,500~5,000円10~15年
光触媒塗料3,500~5,000円10~15年

このように、光触媒塗料は、ウレタン塗料やシリコン塗料と比べると高価です。
しかし、その耐久性と長寿命から見ると、コストパフォーマンスが優れています。

光触媒塗料が向いている方

ここからは、光触媒塗料が向いている方をご紹介します。

1. 外壁のメンテナンス頻度を減らしたい方

光触媒塗料は、太陽光と雨水を利用して汚れを分解・除去するセルフクリーニング機能を搭載しています。そのため、外壁の掃除頻度を大幅に減らすことができます。

特に、幹線道路沿いや公園近くにお住まいの方、外壁の掃除に時間を割きたくない方には、光触媒塗料はおすすめです。

2. 日当たり抜群の物件に住む方

日当たりの良い物件にお住まいの方には、光触媒塗料がおすすめです。
光触媒塗料は、太陽光の力を利用して汚れを分解・除去するセルフクリーニング機能を搭載しているため、日当たりが良いほど効果を発揮します。

日当たりの良い物件にお住まいの方は、光触媒塗料の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

3. 白系カラーで外壁塗装がしたい方

光触媒塗料は、白系のカラーでこそセルフクリーニング機能を存分に発揮し、外壁を清潔に保つことができます。

光触媒塗料は、太陽光と雨水を利用して汚れを分解・除去するセルフクリーニング機能を搭載しています。
この機能を発揮するためには、白色の顔料に多く含まれている酸化チタンによる活性酸素の動きが必要となります。
つまり、暗い色を選ぶと、光触媒塗料の効果が十分に発揮されない可能性があるのです。

白系カラーの外壁塗装を予定している方は、ぜひ光触媒塗料を検討してみてはいかがでしょうか。

4. 環境と健康に優しい塗料を選びたい方

光触媒塗料は、空気を清浄する効果を持つ、まさに環境に優しい塗料と言えるでしょう。
従来の塗料と比べて単価は高くなりますが、塗料による健康被害をできるだけ防ぎたい、安心して暮らしたいという方におすすめです。

特に、小さなお子様やペットがいるご家庭で、塗装工事の際の塗料の人体的影響を気にしている方であれば、ぜひ光触媒塗料の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

光触媒塗料は、セルフクリーニング機能や高い耐久性など、従来の塗料にはない多くのメリットを持つ魅力的な塗料です。
しかし、費用が高い、日当たりが悪い場所は効果が薄いなどのデメリットも存在します。

光触媒塗料を選ぶ際は、メリットとデメリットをよく理解した上で、ご自身のニーズに合った塗料を選ぶことが重要です。
光触媒塗料について詳しく知りたい方は、専門業者に相談してみることをおすすめします。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら