外壁塗装は、見た目だけでなく、雨風から家を守る大切な役割を担っています。
しかし、費用が高額になるため、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

実は、外壁塗装にはローンを利用することができるんです!
ローンを利用すれば、資金がなくても、計画的に外壁塗装を行うことができます。

この記事では、外壁塗装でローンを利用することについて、詳しく解説します。
ローン選びのポイントや、お得な制度の情報もご紹介!
外壁塗装の費用について悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装をする際はローン利用が可能

外壁塗装は、塗装面積や使用する塗料の種類によって費用が大きく変わります。
一般的な戸建て住宅の場合、100万円~200万円が相場です。

外壁塗装は、10年に1回のペースで行う必要があるため、決して安い買い物ではありません。
まとまった資金が用意できない場合、外壁塗装を先延ばしにしてしまう方もいるのではないでしょうか?

しかし、外壁塗装には、ローンを利用することができます。
ローンには、銀行ローンやリフォームローンなど、さまざまな種類があります。

それぞれのローンには、金利や返済期間、メリット・デメリットなどが異なるため、自分に合ったローンを選ぶことが大切です。

外壁塗装でローンを利用するメリット

外壁塗装でローンを利用するメリットは、大きく3つあります。

メリット①:手元にまとまった資金がなくても、外壁塗装を行える

外壁塗装は、一般的に100万円~200万円の費用がかかります。
まとまった資金を用意するのが難しい方でも、ローンを利用すれば、すぐに外壁塗装を行うことができます。

メリット②:毎月の支払いを抑えられる

ローンを利用すれば、高額な外壁塗装費用を月々の支払いに分割することができます。
毎月の支払額を抑えることで、家計への負担を軽減できます。

メリット③:金利分を住宅ローン控除の対象にできる場合がある

住宅ローンを利用して外壁塗装を行った場合、金利分を住宅ローン控除の対象にできる場合があります。
住宅ローン控除を受けることで、支払った税金が還元されます。

外壁塗装でローンを利用するデメリット

外壁塗装でローンを利用するデメリットは、大きく3つあります。

デメリット①:金利が発生する

ローンを利用すると、借入額に対して金利が発生します。
金利は、借入期間や金利タイプによって異なります。

デメリット②:返済義務が発生する

ローンは借金であるため、返済義務が発生します。
返済を滞納すると、信用情報に傷がつき、他のローンやクレジットカードの審査に通らなくなる可能性があります。

デメリット③:審査に通らない可能性がある

ローンには審査があります。
安定した収入や勤続年数がない場合、審査に通らない可能性があります。

外壁塗装に合ったローンの種類

外壁塗装に利用できるローンには、いくつかの種類があります。

ローンの種類①:まずは住宅ローンを利用している金融機関に相談

すでに住宅ローンを利用している場合は、追加融資を利用する方法があります。
もし住宅ローンの返済中であれば、同じ金融機関に相談してリフォームローンを利用できるか検討してみましょう。

場合によっては、低金利のリフォームローンを併せて利用することができたり、住宅ローンとリフォームローンを一体化させることができるかもしれません。

具体的な条件や手続きについては、ご利用の金融機関にお問い合わせください。
また、外壁塗装以外にも、増改築や修繕などの資金にも利用できます。

ローンの種類②:リフォームローン

住宅のリフォームや修繕には、リフォームローンが利用できます。
リフォームローンは、住宅購入ではなく、既存の住宅の改修にのみ使用できるローンです。

リフォームローンには、担保を設定しない「無担保型」と、リフォーム対象の物件を担保にする「有担保型」の2つがあります。

無担保型リフォームローン

無担保型リフォームローンは、急な修繕など資金調達が迅速に必要となる場合に便利なローンです。
契約時の費用も抑えられるため、手軽に利用できます。

担保がないため、借入限度額は低く、返済期間も短めに設定されています。
金利は有担保型に比べてやや高めですが、手軽さやスピーディーさを重視する方には最適です。

有担保型リフォームローン

有担保型リフォームローンは、リフォームする物件を担保に設定することで、低金利で多額の資金を借りられるローンです。
金利負担を抑えながら、大規模なリフォームを実現できます。

担保を設定することで、無担保型に比べて借入限度額を大きく設定でき、返済期間も長く設定できます。
ただし、注意点として、抵当権設定にかかる費用や審査に時間がかかります。

ローンの種類③:フリーローン

リフォームローンでまかなえない、仮住まいの費用などの資金を借りたい場合には、フリーローンが考えられます。

フリーローンは、用途を限定せずに使えるローンで、目的別ローンと比べて金利が高めです。
金利の低い商品を選び、必要な金額をしっかり見積もり、借入額を抑えることが重要です。
外壁塗装以外にも、車の購入や旅行などの資金にも利用できます。

それぞれの特徴を理解して、自分に合ったローンを選びましょう。

外壁塗装でローンを利用する際のシミュレーション

ローンには金利が発生するため、返済計画をしっかり立てることが大切です。
そこで今回は、外壁塗装でローンを利用する際のシミュレーションをご紹介します。

シミュレーションを行うことで、以下のことがわかります。

  • 毎月の返済額
  • 支払総額
  • 金利負担

以下に、金利3.0%で100万円を借り入れした場合のシミュレーションをご紹介します。

返済期間金利総額月々の返済額
3年(36回払い)46,916円29,081円
5年(60回払い)78,140円17,969円
7年(84回払い)109,892円13,213円
10年(120回払い)158,720円9,656円
15年(180回払い)243,080円6,906円
※手数料・保証料は考慮しないものとし、元利均等方式で計算しています。
※この表はあくまで目安です。実際の金額は企業によって異なります。

金利は、返済期間が長くなるほど負担が大きくなります。
上記の例では、返済期間を15年にすると、支払総額は約1243,080円になります。

外壁塗装でローンを利用する際の注意点

外壁塗装でローンを利用する際には、以下の点にも注意が必要です。

総支払金額が現金支払いよりも増加する

ローンを利用すると、金利が発生するため、現金払いよりも支払総額が増えます。
金利は、借入額や返済期間によって異なりますが、一般的には数万円から数十万円になります。

例えば、借入額150万円、金利3.0%、返済期間10年の場合、支払総額は約1738,080円になります。
現金払いでは150万円で済むところ、ローン利用では約238,080円余計に支払うことになります。

金利負担を抑えるためには、金利が低いローンを選ぶこと、返済期間を短くすることなどが重要です。

返済期間が年齢しだいでは短くなる

ローンを組む年齢によっては、返済期間が短くなる場合があります。
一般的に、年齢が上がるほど返済期間が短くなります。

例えば、60歳の人が100万円のローンを組んだ場合、30歳の人が同じ金額のローンを組むよりも、返済期間が短くなるため、毎月の返済額が高くなります。

無理のない返済計画を立てるために、自分の年齢や収入を考慮することが大切です。

外壁塗装で使えるローン以外のお得な制度

外壁塗装で利用できるお得な制度には、主に以下の2種類があります。

自治体の制度を利用する

多くの自治体では、外壁塗装などのリフォーム費用を補助する制度を設けています。
補助金や助成金、減免措置など、自治体によって制度の内容は異なります。

補助金の額は、数万円から数十万円程度です。
条件を満たせば、誰でも申請することができます。
詳細は、お住まいの自治体のホームページまたは役所に確認してください。

住宅ローン減税を利用する

住宅ローンを利用して外壁塗装を行った場合、住宅ローン減税の対象になる場合があります。
住宅ローン減税は、住宅ローンを利用した人に対して、年末時点のローン残高に応じて所得税または住民税が減税される制度です。

外壁塗装費用は、住宅ローン減税の対象となる「住宅ローン控除の対象となる借入金」に含まれます。
詳しくは、国税庁のホームページまたは税務署に確認してください。

まとめ

外壁塗装は、費用が高額なため、ローン利用を検討する方も多いでしょう。
ローンには、メリットとデメリットがあります。

メリットだけでなくデメリットも理解した上で、自分に合ったローンを選ぶことが大切です。
外壁塗装に関する疑問や不安は、塗装業者や金融機関に相談することをおすすめします。
あなたの大切な家が、長持ちするよう、外壁塗装をしっかり行いましょう。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。
どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
お問い合わせ・ご相談はこちら