「外壁塗装がそろそろ必要だけど、費用がネックで躊躇している…。」
「できれば費用を抑えたいけど、どこから手をつければいいかわからない…。」

そんなお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか?

実は、外壁塗装には、費用の一部を助成してくれる「助成金・補助金制度」が存在します。

上手に活用すれば、ぐっとお得に外壁塗装を実現できるんです!
しかし、助成金・補助金は全ての自治体で実施されているわけではなく、条件や申請方法も複雑です。

そこで今回は、外壁塗装の助成金・補助金についてわかりやすく解説します。
お住まいの地域の制度内容や申請方法、注意点などをしっかりと確認し、賢く外壁塗装費用を節約しましょう。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひこの機会に助成金・補助金制度を活用してください。

外壁塗装でお金が戻ってくる!?助成金・補助金制度とは

外壁塗装って、費用がかさんで二の足を踏んでしまう方も多いですよね。
実は、国や自治体から外壁塗装にかかる費用の一部を助成してくれる制度があるんです。
それが助成金・補助金制度です。

助成金・補助金とは、外壁塗装の費用の一部を国や自治体から負担してくれる制度です。
返済の必要はなく、お得に外壁塗装を行えます。

助成金と補助金って何が違うの?

助成金と補助金は、どちらも外壁塗装費用の一部を負担してくれる制度ですが、実は微妙な違いがあります。

  • 助成金
    条件を満たせば必ず支給される制度です。
    予算に限りがないため、申請さえすればもらえる可能性が高いのが特徴です。
  • 補助金
    総額の予算が決まっている制度です。
    予算がなくなり次第、締め切られてしまうため、早めに申請することが重要です。

全国どこでももらえるの?

残念ながら、助成金・補助金制度はすべての自治体で実施されているわけではありません。
お住まいの地域で制度が設けられているかどうか、また、どのような条件を満たせば利用できるのかは、各自治体によって異なります。

どんな工事でいくらもらえるの?

助成金・補助金の種類によって、対象となる工事内容やもらえる金額は異なります。
代表的な種類は以下の通りです。

  • 省エネ改修工事:断熱性能の高い外壁材を使った塗装など
  • 耐震改修工事:耐震性を向上させるための外壁塗装など
  • バリアフリー改修工事:手すりの設置など、高齢者や障がい者が使いやすい外壁塗装など

もらうためには何が必要?

助成金・補助金をもらうためには、工事前に申請し、審査に合格する必要があります。
申請に必要な書類や申請時期などは、各自治体によって異なるので、必ず事前に確認しましょう。

最新の外壁塗装の助成金・補助金情報はどこで調べられる?

外壁塗装にかかる費用の一部を助けてくれる助成金・補助金制度。
上手に活用すれば、ぐっとお得に外壁塗装を行えます。

しかし、全ての自治体で実施されているわけではなく、年度によっても状況が変わるため、最新の情報を確認することが重要です。

そこで今回は、最新の外壁塗装の助成金・補助金情報を調べる方法を4つご紹介します。

1. 市区町村の公式サイトで調べる

お住まいの市区町村の公式サイトでは、「外壁塗装」「リフォーム」「省エネ」「補助金」「助成金」などのキーワードで検索することで、関連情報にたどり着くことができます。

2. 住宅リフォーム支援制度検索サイトを活用する

国土交通省が運営する「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」では、全国の自治体で実施している住宅リフォーム支援制度を簡単に検索できます。

お住まいの市区町村を選択し、「外壁塗装」や「省エネルギー化」などのキーワードで絞り込むことで、該当する助成金・補助金制度を見つけることができます。

3. 市役所・区役所の窓口に直接問い合わせる

確実な情報を求める場合は、お住まいの市役所・区役所の窓口に直接問い合わせるのがおすすめです。
公式サイトで情報収集した後でも、念のために確認しておくと安心です。

4. 外壁塗装業者に相談する

外壁塗装業者に相談するのも有効な手段です。
地域の事情に詳しく、助成金・補助金の申請サポートを行っている業者もあります。

業者選びの際は、実績や信頼性も確認しておきましょう。
助成金・補助金制度は、申請手続きが煩雑な場合もあります。

わからないことがあれば、遠慮なく行政窓口や業者に相談しましょう。
外壁塗装をお得に、そして安心・安全に行うために、ぜひこれらの情報収集方法を活用してください。

外壁塗装に使える補助金・助成金制度

外壁塗装にかかる費用の一部を助成してくれる助成金・補助金制度。
上手に活用すれば、家計に優しい外壁塗装を実現できます。

しかし、全ての自治体で実施されているわけではなく、助成対象となる種類や条件も様々です。
そこで今回は、助成金・補助金で外壁塗装がお得になる種類と条件について詳しく解説します。

1. ヒートアイランド対策/遮熱塗料

地球温暖化対策として注目されているヒートアイランド対策。
外壁や屋根に遮熱塗料を使用することで、建物の表面温度上昇を抑え、室内温度の上昇を抑制できます。

結果的に、エアコンの使用量削減にもつながり、省エネ効果が期待できます。
遮熱塗料は、太陽光を反射する性質を持つ塗料です。白系の色を選ぶと、より効果を発揮します。

遮熱塗料を使った外壁塗装は、多くの自治体で助成金・補助金の対象となります。

2. エコリフォーム

エコリフォームとは、断熱性能の高い素材を用いて、外壁や屋根、窓などを改修し、省エネ性能を向上させるリフォームです。ヒートアイランド対策にも効果があり、光熱費削減に貢献します。

近年、地球温暖化対策として注目が高まっているエコリフォームは、助成金・補助金の対象となる自治体が増えています。
エコジョーズやエコキュートといった高効率給湯器の設置も、エコリフォームの対象となる場合があります。

3. 一般リフォーム

上記2つの他にも、一般リフォームと呼ばれる通常の外壁塗装工事も、助成金・補助金の対象となる場合があります。

一般リフォームの助成金・補助金は、地域の活性化や定住促進などを目的として設けられていることが多いです。

対象となる工事内容は自治体によって異なりますが、比較的緩やかな条件で助成を受けられる場合があります。中には、リフォーム工事全般が対象となる場合もあります。

外壁塗装で助成金・補助金を受け取る5つのポイント

ここからは、外壁塗装で助成金を受け取るための5つのポイントをわかりやすく解説します。

1. 申請前に条件を確認する

助成金・補助金を受け取るためには、お住まいの地域の条件を必ず確認しましょう。
条件は自治体によって異なるため、公式サイトで確認するか、窓口に直接問い合わせるのがおすすめです。

確認すべき主な条件は以下の通りです。

  • 対象となる地域
  • 対象となる工事内容
  • 申請者(所有者・居住者)の条件
  • 過去の助成金の利用状況
  • 税金の滞納状況
  • その他(年収制限、住宅の築年数など)

2. 着工前に申請する

多くの場合、外壁塗装の助成金・補助金は、工事に着工する前に申請する必要があります。
すでに工事を始めてしまった場合は、対象外となる可能性が高いため注意が必要です。

3. 対象となる業者を選ぶ

自治体によっては、助成金・補助金の対象となる業者を指定している場合があります。
申請前に、必ずお住まいの地域の窓口で確認しましょう。

4. 申請に必要な書類を準備する

助成金・補助金の申請には、各種書類の提出が必要となります。
必要な書類は自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

一般的な必要な書類は以下の通りです。

  • 申請書
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 工事費用の見積書
  • 領収書
  • 写真(施工前・施工後)
  • その他(自治体によって異なる)

5. 申請期間に注意する

助成金・補助金には、申請期間が設けられている場合が多いです。
期間を過ぎてしまうと、申請を受け付けてもらえない可能性があります。

お住まいの地域の申請期間を事前に確認しておきましょう。
多くの自治体は先着順のため、早めの申請をおすすめします。

まとめ

外壁塗装は、建物の美観を保つだけでなく、雨風や紫外線から家を守り、快適な住環境を維持するためにも欠かせないものです。
しかし、費用がかさむため、躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな時に役立つのが、外壁塗装の助成金・補助金制度です。

本記事では、外壁塗装で助成金・補助金を受け取るための情報を詳しく解説しました。
助成金・補助金は、上手に活用すれば、外壁塗装費用を大幅に節約することができます。

しかし、全ての自治体で実施されているわけではなく、受け取るためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

外壁塗装をお考えの方は、ぜひお住まいの地域の助成金・補助金制度について調べ、計画的に申請することをおすすめします。
わからないことがあれば、お住まいの地域の窓口に相談することをおすすめします。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら