雨風や紫外線から家を守ってくれる屋根。
その塗装が劣化すると、建物の寿命を縮めてしまう可能性があります。

「屋根塗装ってどれくらい持つの?」
「長持ちさせるにはどうすればいいの?」

そんな疑問にお答えします。

この記事では、屋根塗装の耐用年数と、塗料の種類による違い、劣化症状について、初心者にもわかりやすく解説します。

屋根塗装の耐用年数

屋根塗装は、建物の美観を維持するだけでなく、雨や風、紫外線から家を守り、快適な住空間を守る重要な役割を担っています。
しかし、その効果は永遠ではなく、定期的な塗り替えが必要となります。

そこで今回は、屋根塗装の耐用年数と、塗料の種類による違いについて詳しくご紹介します。

屋根塗装の耐用年数は?

一般的に、屋根塗装の耐用年数は約10年~15年と言われています。
ただし、これはあくまでも目安であり、実際の耐用年数は、使用する塗料の種類、施工方法、天候や環境条件によって大きく左右されます。

塗料の種類による耐用年数の違い

屋根塗装に使用される塗料には、様々な種類があり、それぞれ耐用年数が異なります。
代表的な塗料と耐用年数の目安は以下の通りです。

  • アクリル塗料:3~5年
  • シリコン塗料:7~13年
  • フッ素塗料:10~15年
  • 無機塗料:15~20年

このように、塗料の種類によって耐用年数は2倍以上も差があります。
予算と建物の状態に合わせて、最適な塗料を選ぶことが重要です。

屋根塗装を長持ちさせる秘訣

1. 長持ちする塗料を選ぶ

屋根塗装の寿命を延ばすためには、耐候性に優れた塗料を選ぶことが重要です。

  • シリコン塗料:7~13年
  • フッ素塗料:10~15年
  • 無機塗料:15~20年

シリコン塗料は、紫外線や雨水によるダメージを防ぎ、長期間にわたり屋根を保護します。
さらに、フッ素塗料や無機塗料は、耐久性に優れ、15年~20年を超える耐用年数を期待できます。

これらの塗料は初期費用が高くなりますが、その分、塗り替え頻度が少なくなり、長期的なメンテナンスコストを抑えることができます。
また、遮熱効果のある塗料は、夏場の室温上昇を抑え、冷房費の節約にも貢献します。

2. 定期的な塗り替え

屋根塗装の耐用年数が過ぎると、塗膜が劣化し、以下のような症状が現れます。

  • 塗膜の剥がれ
  • 色あせ
  • ひび割れ
  • コケやカビの発生

これらの症状が見られた場合は、早急に対処する必要があります。
放置すると、雨漏りなどの原因となり、建物の劣化を早めるだけでなく、修繕費用も高額になる可能性があります。

一般的に、屋根塗装の塗り替えは10年から15年ごとに行うのが適切です。
ただし、これはあくまでも目安であり、実際の耐用年数は、使用する塗料の種類、施工方法、天候や環境条件によって大きく左右されます。

3. 適切な業者を選ぶ

屋根塗装は、専門的な知識と技術が必要なため、必ず信頼できる業者に依頼しましょう。
業者選びのポイントは、以下の通りです。

  1. 実績豊富な業者

    多くの施工実績を持つ業者は、豊富な知識と経験に基づいて、最適な塗料や施工方法を提案することができます。
  2. 資格保有の職人

    施工を担当する職人が、塗装に関する国家資格を持っているかどうか確認しましょう。
  3. 明確な見積もり

    契約前に、詳細な見積もりをもらい、内容をよく確認しましょう。
  4. アフターフォロー

    塗り替え後の保証内容や、アフターフォロー体制が充実している業者を選びましょう。

屋根塗装の劣化症状

屋根塗装は、建物の美観を維持するだけでなく、雨風や紫外線から家を守り、快適な住空間を守る重要な役割を担っています。
しかし、塗装は永遠ではなく、経年劣化によって様々な症状が現れます。

色褪せ

太陽光による塗膜の劣化で、色が薄くなり光沢を失います。
防水機能の低下も招き、早急な塗り替えが必要です。

藻やコケの発生

塗膜が劣化し、防水性が低下すると、藻やコケが生えやすくなります。
見た目だけでなく、屋根材を傷め、雨漏りの原因にもなります。

塗膜の剥がれ・めくれ

塗膜が劣化し、剥がれたりめくれたりします。
防水機能が失われ、雨漏りの原因となるだけでなく、建物の美観も損ないます。

ひび割れ

経年劣化や天候の影響で、塗膜にひび割れが生じます。
雨水が浸入しやすくなり、雨漏りや建物の劣化を招きます。

湿気や乾燥を繰り返すことで、屋根材が反ります。
隙間ができ、雨漏りの原因となるだけでなく、見た目的にも問題があります。

屋根塗装の塗り替え時期については、下記の記事をご覧ください!

屋根塗装で失敗しないための3つの重要ポイント

屋根塗装は、建物の美観を維持するだけでなく、雨漏りなどの原因となる劣化から家を守るために欠かせません。
しかし、塗装には様々な種類があり、適切な方法で施工しないと、本来の効果が得られなかったり、早々に劣化してしまう可能性があります。

そこで今回は、屋根塗装で失敗しないために知っておきたい3つの重要ポイントをご紹介します。

1. 仕様基準を守る業者を選ぶ

屋根塗装は、塗料の種類や量、乾燥時間など、様々な仕様基準に基づいて施工する必要があります。
これらの基準を守らないと、塗膜の劣化や剥がれ、雨漏りなどの原因となる可能性があります。

業者を選ぶ際には、必ず施工実績があり、信頼できる業者かどうか確認しましょう。
また、具体的な見積もりをもらい、内容をよく確認することも重要です。
見積もりには、使用する塗料の種類や量、工程数、保証内容などが明記されていることを確認しましょう。

2. 屋根材に合ったタイミングで塗装する

屋根材には、それぞれ異なる特性があり、適切な塗装時期があります。
例えば、スレート屋根は8~15年、金属屋根は10~15年、瓦屋根は20~30年が目安です。

塗装時期を逃すと、塗膜の劣化が早まり、本来の効果が得られない可能性があります。
また、雨漏りのリスクも高くなります。

3. 塗料の種類を正しく選ぶ

屋根塗装には、様々な種類の塗料があります。
それぞれに異なる耐用年数、遮熱性、防カビ性などの特性があります。

建物の状態や予算に合わせて、最適な塗料を選ぶことが大切です。
例えば、長持ちする塗料を求める場合は、フッ素塗料や無機塗料がおすすめです。
また、夏場の室温上昇を抑えたい場合は、遮熱塗料がおすすめです。

まとめ

屋根塗装は、建物の美観を維持するだけでなく、雨風や紫外線から家を守り、快適な住空間を守るために欠かせません。
しかし、塗装は経年劣化によって様々な症状が現れ、放置すると建物の寿命を縮めてしまう可能性があります。

そこで今回は、屋根塗装の耐用年数、長持ちさせる秘訣、劣化症状、失敗しないためのポイントについて詳しく解説しました。

屋根塗装は、建物の健康を守るための重要な投資です。
定期的に点検を行い、劣化の兆候があれば早めに専門業者に相談しましょう。
適切なタイミングで塗装を行うことで、建物の寿命を延ばし、快適な住空間を長く保つことができます。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら