マイホームの大切な外壁は、雨風や紫外線に日々さらされ、徐々に劣化していきます。

「そろそろ塗り替えが必要かな?」

そう思いながらも、外壁塗装の塗り替え時期は、建物の状態や環境によって異なるため、いつ塗り替えればいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

この記事では、外壁塗装の塗り替え時期とタイミングについて詳しく解説します。
また、もし塗り替え時期を逃してしまった場合のリスクや、費用を抑える方法についてもご紹介します。
最後まで読んで、あなたにとって最適な外壁塗装の塗り替え時期を見つけましょう!

外壁塗装の塗り替えを行う重要性

外壁塗装は、単に見た目を美しくするだけでなく、以下の2つの重要な役割を果たします。

1.外壁を守る

外壁は、雨風や紫外線などの厳しい環境に常にさらされています。
塗料は、外壁に膜を作り、これらの外的な刺激から外壁を守ります。

2.機能性を付加する

塗料には、遮熱・防水・防カビ・防汚など、様々な機能性があります。
これらの機能性塗料を使用することで、建物の性能を向上させることができます。

しかし、外壁塗装は、一度塗り替えれば永遠に持つわけではありません。
どの外壁であっても紫外線や風雨の影響で年月とともに徐々に塗装は劣化していきます。
そのため、定期的に塗り替えを行う必要があります。

外壁塗装の塗り替え時期とタイミング

外壁塗装の塗り替え時期は、一般的には10~15年と言われています。
ただし、これはあくまで目安であり、建物の立地条件や使用されている塗料の種類によっても異なります。

塗り替え時期を判断するポイント

塗り替え時期の判断には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 塗装の剥がれや色あせ
  • 外壁のひび割れ
  • チョーキング現象(塗膜を触ると白い粉が付着する)
  • コケやカビの発生
  • 雨漏り

これらの症状が見られたら、早めに専門業者に診断してもらいましょう。
また、症状がなくても、築10年以上経過している場合は、専門業者に点検を依頼することをおすすめします。

塗料の耐久性によっても違う

塗料には、アクリル系、シリコン系、フッ素系など、様々な種類があります。
それぞれ耐久性が異なり、費用も異なります。

主な塗料の種類とその耐用年数は、以下の通りです。

塗料耐用年数の目安
アクリル塗料3~5年
ウレタン塗料5~8年
シリコン塗料7~13年
ラジカル塗料8~14年
ナノテク塗料10~15年
光触媒塗料10~15年
ピュアアクリル塗料12~15年
フッ素塗料10~15年
セラミック(断熱/遮熱)塗料15~20年
無機塗料15~20年

このように、塗料の種類によって耐用年数が大きく異なります。

上記の表を参考にマイホームの外壁に使用している塗料を確認し、その塗料の耐用年数に合わせて塗り替えを行うのも一つのタイミングと言えるでしょう。

外壁塗装の塗り替えに適している季節

近年、塗料の品質向上により、気候条件が合致すれば、ほぼ通年で外壁塗装の塗り替えを行うことが可能になりました。

塗装メーカーが推奨する気候条件は、以下の通りです。

  • 気温5℃以上
  • 湿度85%未満
  • 雨・雪・強風でない

これらの条件を満たしていれば、外壁塗装を行う絶好の機会と言えるでしょう。
しかし、梅雨や真冬といった塗装の閑散期にも、あえて塗装を行うメリットがあります。

以下では、季節ごとのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

春は、外壁の塗り替えを行うのに最適な季節の一つです。
気温・湿度ともに安定しており、スムーズな施工が期待できます。

春に塗り替えを行うメリットは、梅雨や真冬と比べ、雨や雪などの影響を受けにくいため、工期が延びる可能性が低くなります。
一方、デメリットとしては、春は外壁塗装の繁忙期であり、業者の確保が難しく、費用も高くなりがちです。

梅雨

梅雨は、雨が多く外壁塗装には不向きな時期と考えられがちです。
しかし、あえて梅雨時期に塗装を行うことで、いくつかのメリットを得られる可能性があります。

梅雨に塗り替えを行うメリットは、多くの人が避ける時期なので、比較的予約が取りやすく、スケジュール調整がしやすいです。
また、閑散期のため、業者によっては割引キャンペーンを実施している場合もあります。
さらに、繁忙期に比べ、業者が比較的余裕を持っているため、じっくりと業者選びに時間をかけられます。

一方、デメリットは、雨天が続く場合、工期が大幅に延びる可能性があります。
一般的な外壁塗装の工期は7〜10日ですが、梅雨時期では1ヶ月以上かかる場合もあります。

夏は、晴天が多く乾燥した気候のため、外壁塗装にとって好条件となり、スムーズな施工が期待できます。

夏に塗り替えを行うメリットは、春や秋と比べて、塗装後の乾燥時間を短縮でき、工期を早めることができます。
また、日照時間が長いため、作業時間を確保しやすく、効率的に工事を進められます。
さらに、夏は春や秋ほど人気のある時期ではないため、希望するスケジュールで施工できる可能性が高いです。

一方、夏のデメリットは、夕立が降りやすくゲリラ豪雨や台風などの影響で、工事が中断される可能性があります。
また、高温多湿な環境は、職人の体調に影響を与え、作業効率を低下させる可能性があります。

秋は、春と同様に天候が安定しており、外壁塗装に適した季節です。
乾燥した空気は、塗料の乾燥時間を短縮し、高品質な仕上がりを実現します。

一方で、秋のデメリットは、台風や秋雨前線により、工期が長引く可能性があります。
また、年内に工事を完了したい人が多いため、業者の予約が埋まりやすく、価格が高くなる傾向があります。

冬は、湿度が低く乾燥しやすい気候のため、塗料が乾燥しやすく、高品質な仕上がりを実現しやすい季節です。
さらに、梅雨と同様に閑散期であるため、通常よりも費用を抑えられる可能性があります。

一方で、冬のデメリットは、雪が積もる地域では、外壁塗装を行うことができません。
また、気温が5℃以下になると塗料が固まりやすく、夜露が発生すると乾燥不良の原因となるため、塗装できる時間が短くなり、工期が伸びる可能性があります。

外壁塗装の塗り替えを行う際のベストシーズン

外壁塗装の仕上がりを左右する重要な要素が、気候条件です。
塗料は適切な温度と湿度で乾燥することで、美しい仕上がりと耐久性を発揮します。

一般的に、塗料が硬化・乾燥しやすい気温15~30℃、湿度75%以下の時期が外壁塗装のベストシーズンとされており、空気が乾燥し、天候も安定している春と秋が適していると言えます。

ただし、地域によって環境は大きく異なります。
ベストシーズンも地域によって異なるため、地元の専門業者に現地調査を依頼することをおすすめします。

劣化がひどくなる前に専門業者に相談しよう

外壁塗装は、劣化がひどくなってから依頼するよりも、早期に塗り替えた方が費用を抑えられます。
無料点検を実施している業者も多いので、まずは専門家に状態を見てもらい、適切なタイミングで塗り替えを検討しましょう。

もし外壁塗装を塗り替えないまま放置してしまったら

外壁塗装を放置してしまうと、以下のような問題が発生する可能性があります。

  • 外壁の劣化が進み、雨漏りなどの原因となる
  • 建物の耐久性が低下し、倒壊などのリスクが高まる
  • 住まいの快適性が低下する
  • 美観が損なわれ、資産価値が下がる

このような事態を避けるためにも外壁塗装の塗り替えは定期的に行いましょう。

外壁塗装の費用を少しでも安くする方法

愛するマイホームを守る外壁塗装。
しかし、費用がネックになって躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?

実は、ちょっとしたコツで費用を抑えることが可能なんです。

外壁塗装とリフォームを一緒におこなう

外壁塗装と同時に屋根塗装や雨樋の交換など、リフォームをまとめておこなうと足場代などの諸経費を節約できます。
複数の箇所を同時にリフォームすることで、業者にとっても効率が上がり、その分費用を安く見積もってくれる可能性が高いです。

塗り替え時期を繁忙期以外にする

外壁塗装の繁忙期は、春と秋です。
この時期は需要が高まるため、費用も高くなります。

一方、冬は需要が低くなるため、比較的費用が安く抑えられます。
ただし、冬は天候の影響を受けやすく、工期が延びる可能性もあります。
また、地域によっては雪の影響で塗装ができない場合もありますので、事前に確認が必要です。

自社で施工できる会社に依頼する

塗装業者は大きく分けて、自社で施工を行う会社と、下請け業者に依頼する会社があります。
自社で施工を行う会社は、下請け業者に依頼する会社よりも中間マージンが発生しないため、費用を抑えられる可能性があります。

ただし、自社で施工できる会社は、下請け業者に依頼する会社よりも規模が小さいため、対応できる範囲が限られる場合もあります。

まとめ

外壁塗装は、大切な家を長持ちさせ、美観を維持するために必要不可欠なメンテナンスです。
塗り替え時期を逃すと、外壁の劣化が進み、雨漏りなどの原因となるだけでなく、建物の耐久性も低下してしまいます。
また、外壁塗装は費用がかかるため、できるだけ安く済ませたいと考える方も多いでしょう。

この記事では、外壁塗装の塗り替え時期とタイミング、放置した場合のリスク、費用を安くする方法などを解説しました。
これらの情報を参考に、最適な時期に外壁塗装を行い、住まいの価値を守りましょう。

外壁塗装は、住まいの未来を守る大切な投資です。
先延ばしにせず、早めに計画を立てて、行動に移しましょう。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。
どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
お問い合わせ・ご相談はこちら