雨戸は、風雨や紫外線から家を守り、プライバシーを確保する重要な役割を担っています。
しかし、定期的なメンテナンスを行わないと、塗装が劣化し、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

「雨戸の塗装って、本当に必要なの?」

そう疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

実は、雨戸の塗装は、見た目を美しく保つだけでなく、雨風や紫外線から家を守るために欠かせないメンテナンスなのです。
塗装が劣化すると、雨戸が腐食したり、剥がれたりして、機能が損なわれてしまいます。

この記事では、雨戸塗装の必要性、劣化症状、手順、期間、注意点などを詳しく解説します。
雨戸を長持ちさせ、快適な住まいを守るために、ぜひ参考にしてください。

雨戸とは

かつて、ガラス窓が普及する以前の住宅では、風雨から家を守るために雨戸が不可欠な存在でした。
近年では、窓ガラスの性能向上や防犯性の強化により、雨戸が設置されないケースも増えています。

しかし、台風や強風などの厳しい天候から家を守るという、雨戸本来の役割は依然として重要です。

戸袋は、使用していない雨戸を収納するためのスペースです。
多くの場合、縁側や窓の敷居の端に設置され、開閉した雨戸をすっきりと収納することができます。
戸袋は雨戸を風雨や日光から守るだけでなく、外観を損なうことなく収納できるという利点もあります。

雨戸の役割

雨戸は、単なる窓の外付け板ではありません。
ここからは、雨戸が担う役割について見ていきましょう。

1. 防犯性を高める

雨戸を閉めると、外から室内が見えにくくなり、空き巣などの不審者が侵入するのを防ぐ効果があります。
窓ガラスのみの場合、室内が丸見えになり、誰もいないことが分かると狙われやすくなります。
雨戸の中には鍵付きのものもあり、窓ガラスと二重にロックすることで、より高い防犯性を発揮することができます。

2. 強風や飛来物から家を守る

雨戸がない場合、台風や突風、強風によって飛来した物が窓ガラスに直接当たってしまう可能性があります。
衝撃が強いと窓ガラスが破損し、ケガや住宅の損壊に繋がる恐れがあります。
近年ではゲリラ豪雨や突風などの自然災害も頻発しており、こうした被害を防ぐためにも雨戸の設置が重要です。

雨戸塗装の必要性

雨戸や戸袋の塗装は、見た目を美しく保つだけでなく、実は家を守る重要な役割を果たしています。
塗装を怠ると、雨戸や戸袋の劣化が早まり、以下のような問題が発生する可能性があります。

1. 部材の劣化を防ぐ

雨戸や戸袋は、常に風雨にさらされています。
紫外線や雨水によるダメージは避けられず、塗装がなければ劣化スピードが早まります。
塗装には、紫外線防止、防水、サビ止めなどの効果があり、劣化を抑制し、雨戸や戸袋の寿命を延ばすことができます。

2. 美観を維持する

サビや汚れが目立つ雨戸や戸袋は、家の外観を損ねてしまいます。
塗装をすることで、雨戸や戸袋を美しく保ち、家の外観全体の印象をアップさせることができます。

3. ケガを防ぐ

木製雨戸の場合、劣化が進むと表面の板が割れやすくなり、触れた際にケガをする恐れがあります。
塗装をすることで、板材を保護し、ケガのリスクを軽減することができます。

雨戸塗装のタイミング

雨戸や戸袋は、風雨や紫外線から家を守り、プライバシーを確保する重要な役割を担っています。
しかし、定期的なメンテナンスを行わないと、塗装が劣化し、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。
そこで今回は、雨戸・戸袋塗装が必要なサインについて詳しく解説します。

1. チョーキング現象

雨戸や戸袋の表面を触ると白い粉のようなものがつく現象を「チョーキング現象」といいます。
これは、塗膜が経年劣化し、粉状になった塗料が表面に出てくるものです。

チョーキングが発生したら、防水機能が低下している可能性が高いため、早めの塗装が必要です。
普段触らない場所であっても、定期的に確認するようにしましょう。

2. 変色・色あせ

雨戸や戸袋が変色や色あせしている場合は、紫外線によるダメージを受けている可能性があります。
紫外線は塗膜を劣化させ、顔料を破壊してしまうのです。

塗装が劣化すると、防水機能だけでなく、美観も損なわれてしまいます。
早めの塗装で、さらなる劣化を防ぎましょう。

3. 腐食

木製雨戸の場合は、長年雨風にさらされることで腐食が発生する可能性があります。
特に、雨だけでなく湿気の影響も相まって、木材が腐りやすくなります。

腐食は雨戸の強度を低下させ、最悪の場合、破損につながることもあります。
塗装で表面を保護することで、腐食を予防することができます。

4. 剥がれ

雨戸や戸袋の塗装が剥がれた部分は、雨水が侵入し、内部の腐食を進行させてしまいます。
さらに、剥がれた部分からシロアリが侵入したり、金属部分がサビたりする恐れもあります。

剥がれを発見したら、早急に対処することが重要です。
放置すれば被害が拡大し、修理費用が高額になる可能性もあります。

5. サビ(金属製の場合)

金属製の雨戸や戸袋は、塗装が剥がれるとサビが発生しやすくなります。
サビは雨水によって広がり、強度を低下させるだけでなく、見た目が悪くなる原因にもなります。
塗装で金属表面を保護することで、サビの発生を抑制することができます。

これらのサインを発見したら、雨戸・戸袋塗装を検討しましょう。

雨戸塗装にかかる日数

雨戸塗装にかかる日数は、一般的に約3日~1週間ほどです。
これは、塗装工程だけでなく、乾燥時間なども考慮したものです。

塗装工程

  1. 洗浄・ケレン:雨戸や戸袋の表面に付着した汚れや古い塗膜を丁寧に取り除きます。
  2. 養生:塗装する部分以外に塗料が付着しないよう、養生を行います。
  3. 下塗り:上塗り塗料の密着性を高め、サビや腐食を防ぐために塗布します。
  4. 中塗り:上塗りの発色を良くし、厚みのある塗膜を作るために2回塗り重ねます。
  5. 上塗り:仕上げと保護のために、上塗り塗料を2回塗り重ねます。

乾燥時間

それぞれの工程の間に、塗料が完全に乾燥するまで待つ必要があります。
乾燥時間は、気温や湿度、塗料の種類などによって異なりますが、一般的には半日~1日程度です。

塗装時期

雨戸塗装は、天候が良く、湿度が低い日に行うのがおすすめです。
具体的には、春や秋が適しています。

夏は日差しが強く、乾燥が早いため、塗装自体はしやすいのですが、高温多湿な環境は塗料の乾燥を妨げ、仕上がりに影響を与える可能性があります。
冬は日照時間が短く、気温が低いため、工期が長くなる可能性があります。

雨戸塗装にかかる日数は、上記のような要素によって変動します。
塗装業者に依頼する場合は、見積もり時に工期についても確認するようにしましょう。

雨戸塗装の知っておきたいポイント

雨戸塗装は、見た目だけでなく、雨風や紫外線から家を守り、住まいの快適性を保つために重要なメンテナンスです。
しかし、雨戸の種類や形状によって適切な塗料や施工方法が異なるため、事前に知っておくべきポイントがあります。

1. 雨戸の材質に合った塗料選び

雨戸の代表的な材質は、スチール製、アルミ製、木製に分けられます。

  • スチール製:最も耐久性に優れ、定期的な塗装で長持ちします。
  • アルミ製:軽量で錆びにくく、塗装頻度も少なく済みます。ただし、専用の塗料が必要となります。
  • 木製:安価で塗装しやすいですが、破損が大きい場合は交換が必要になる可能性があります。

2. 雨戸の内側は塗装しない場合が多い

雨戸の内側は、基本的に塗装しません。理由は以下の通りです。

  • 夏場は高温になり、塗装が剥がれやすくなる
  • 雨戸の開閉に支障が出る可能性がある
  • シャッター雨戸の場合は、塗装後に傷がつきやすい
  • 雨風や紫外線に直接晒されないため、塗装の必要性がない

雨戸塗装の注意点

雨戸や戸袋の塗装は、見た目を美しく保つだけでなく、雨風や紫外線から家を守り、住まいの快適性を維持するために重要なメンテナンスです。
しかし、塗装前に知っておくべき注意点がいくつかあります。

1. 塗装不要な素材がある

アルミ製やステンレス製の雨戸・戸袋は、錆びにくく、劣化が進みにくい素材です。
そのため、定期的な塗装は必要ありません。むしろ、無理に塗装すると剥がれやすくなり、見栄えが悪くなる可能性があります。

2. 劣化がひどい場合は交換を検討

木材製の雨戸・戸袋で、腐食や破損がひどい場合は、塗装ではなく交換を検討しましょう。
塗装はあくまでも表面を保護するものであり、劣化自体を修復することはできません。

3. 雨戸以外の塗装・修理も検討

外壁や屋根の塗装時期と雨戸塗装時期が重なる場合は、足場代を節約するためにまとめて施工することをおすすめします。ただし、雨戸のみの塗装であれば、費用を抑えることも可能です。

まとめ

雨戸は、風雨や紫外線から家を守り、プライバシーを確保する重要な役割を担っています。
しかし、定期的なメンテナンスを行わないと、塗装が劣化し、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。

この記事では、雨戸塗装の必要性、劣化症状、手順、期間、注意点などを詳しく解説しました。
雨戸塗装は、見た目を美しく保つだけでなく、雨風や紫外線から家を守るために欠かせないメンテナンスです。

雨戸の塗装を検討している方は、ぜひこの内容を参考に、適切な時期に適切な方法で塗装を行いましょう。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら