日々の暮らしの中で、意外と見落としがちなのが「屋根」の存在です。
風や雨、雪などから家を守り、住まいの快適性を支える屋根は、まさに「家の盾」と言えるでしょう。

しかし、長年風雨にさらされることで、屋根は徐々に傷んでいきます。
放置すれば、雨漏りや倒壊などの深刻な問題を引き起こし、住まいや家族の安全を脅かす可能性も出てくるのです。

「我が家はまだ大丈夫」と思っていませんか?

この記事では、屋根の葺き替え工事について、タイミング、メリット、デメリット、屋根材の種類、費用相場などを詳しく解説します。

屋根の葺き替え(ふきかえ)工事とは?

葺き替え(ふきかえ)とは、老朽化した屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に交換する工事のことです。
屋根全体を新しくすることで、雨漏りの心配がなくなり、美観も蘇ります。
さらに、断熱材の追加や耐震性の向上など、機能面でのアップグレードも可能です。

屋根の葺き替え工事をするタイミング

家を守り、快適な暮らしを支える屋根。
しかし、長年風雨にさらされることで傷み、雨漏りなどの問題を引き起こす可能性があります。
そこで今回は、屋根のSOSサインとも言える「葺き替えが必要なタイミング」について、築年数と劣化症状の2つの側面から詳しく解説します。

1. 築20年を超えたら要注意! 耐用年数を超えた屋根

屋根材は、どんな優れた素材でも経年劣化によって機能が低下していきます。
一般的に、屋根材の耐用年数は以下の通りです。

  • スレート(コロニアル・カラーベスト):20~30年
  • セメント瓦:20~30年
  • モニエル瓦:20~30年
  • 粘土瓦(和瓦・洋瓦):60~80年
  • トタン:10~20年

築20年を超えると、上記の耐用年数に近づき、葺き替えを検討する時期となります。
特に、粘土瓦などの長寿命な屋根材でも、内部の防水シートは20~30年で劣化してしまうため、注意が必要です。

2. 危険なサインを見逃すな! 劣化症状による葺き替え判断

築年数以外にも、以下のような劣化症状が現れた場合は、早急な葺き替えが必要となる可能性があります。

  • 屋根全体のひび割れ
    • 経年劣化や衝撃などが原因で発生し、放置すると雨漏りの原因となります。
  • コケの繁殖
    • 屋根材の塗膜が劣化し、雨水が溜まりやすくなることで発生します。放置すると、さらに屋根材を傷めてしまいます。
  • 屋根が柔らかくなっている
    • 野地板まで水が浸透している可能性があり、早急な対応が必要です。
  • 屋根表面の波打ち
    • 雨漏りの原因となるだけでなく、美観も損ないます。
  • 雨漏り
    • すでに屋根の機能が破綻しており、一刻も早い対応が必要です。

屋根の葺き替え工事のメリット

ここからは、屋根の葺き替え工事の3つのメリットをご紹介します。

1. 安心の住まいを実現する、徹底的な下地補修

屋根の葺き替え工事では、老朽化した屋根材をすべて撤去し、下地材を隅々まで点検します。
傷みや腐食などの劣化箇所を早期発見・補修することで、雨漏りのリスクを大幅に軽減できます。

さらに、下地材を新しくすることで、屋根全体の強度を高め、台風や豪雨などの自然災害にも安心してお住まいいただけます。

2. 自然災害に強い、安心の住まい

経年劣化による屋根材の劣化は、雨漏りの原因だけでなく、強風や豪雨などの自然災害にも弱くなります。
特に、瓦屋根などの重量のある屋根材は、地震発生時に建物の倒壊リスクを高めてしまいます。

屋根の葺き替え工事では、軽量で耐水性に優れた屋根材に葺き替えることで、雨漏りや倒壊のリスクを大幅に低減できます。
また、耐震性の高い屋根材を選ぶことで、地震にも強い家を実現できます。

3. 長持ちする、安心の住まい

屋根の葺き替え工事は、屋根材を新しくするだけでなく、下地材もしっかりと補修することで、屋根全体の寿命を延ばすことができます。
定期的なメンテナンスを行うことで、快適な住空間を長年維持することができます。

さらに、軽量な屋根材に葺き替えることで、建物の負荷を軽減し、家全体の寿命を延ばす効果も期待できます。

屋根の葺き替え工事のデメリット

屋根の葺き替えは、雨漏りなどの問題を解決し、住まいの安全性を高めるための有効な手段です。
しかし、一方で、以下の2つのデメリットが存在することも事実です。

1. 費用

屋根の葺き替えは、屋根材の費用だけでなく、撤去・搬出費用、下地補修費用、足場設置費用など、様々な費用がかかります。
一般的に、30坪程度の住宅で150万円~250万円程度が目安となります。

しかし、屋根の葺き替えは、単なる修繕ではなく、住まいの寿命を延ばし、資産価値を守るための投資とも言えます。長期的な視点で考えると、費用に見合う価値があると言えるでしょう。

2. 工期

屋根の葺き替え工事は、規模や天候によって異なりますが、一般的に1~2週間程度かかります。
その間、足場が設置されるため、ベランダや庭などが使用できなくなる場合があります。

工期が長いため、一時的に生活に支障が出る可能性がありますが、その後の快適な暮らしと安心安全な住まいを手に入れるためには必要なものです。

屋根材の特性と費用相場

屋根材は、デザイン性だけでなく、機能性や耐久性、費用などを総合的に判断して選ぶことが重要です。
ここでは、代表的な4つの屋根材「スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)」「ガルバリウム鋼板」「アスファルトシングル」「日本瓦(陶器瓦)」のそれぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

1. スレート屋根

スレート

メリット

  • 豊富な色やデザイン:マイホームの外観に合わせて、好みのスタイルを選べる
  • 手頃な価格:4,500~6,000円/㎡と他の屋根材と比べて費用を抑えられる
  • 施工業者の多い:全国に多くの施工業者があり、安心できる

デメリット

  • 耐久性が低い:10年ほどで劣化し、場合によっては割れてしまうことも
  • 定期的なメンテナンスが必要:5~10年ごとに再塗装などのメンテナンスが必要
  • 気温差の影響を受けやすい:気温差が大きい地域では、屋根材が反り返りやすい

2. ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板

メリット

  • 長い耐用年数:30年~40年と、他の屋根材と比べて圧倒的に長持ち
  • 優れた防水性・防火性:雨漏りや火災のリスクを低減
  • 軽量で耐震性が高い:地震などの災害にも強い
  • 比較的安価:6,000円/㎡と、機能性の高い屋根材の中では比較的安価

デメリット

  • 断熱性・遮音性が低い:夏は暑く、冬は寒い。断熱材・遮音材で対策が必要
  • デザイン性:金属製のため、和風住宅には不向き

3. アスファルトシングル

アスファルトシングル

メリット

  • おしゃれな外観:洋風住宅にぴったりな、スタイリッシュなデザイン
  • 優れた防水性・防音性:雨漏りや騒音をしっかり遮断
  • 長い耐用年数:20~30年と、メンテナンス頻度が少ない
  • 比較的安価:3,500~6,500円/㎡と、機能性の高い屋根材の中では比較的安価

デメリット

  • 強風に弱い:台風などの強い風が吹き付けると、剥がれてしまう可能性がある
  • 定期的な点検が必要:5年ごとに点検を行い、必要があれば補修を行う

4. 日本瓦(陶器瓦)

日本瓦

メリット

  • 圧倒的な耐久性:50年以上、場合によっては100年以上もつ
  • 経年変化による味わい:年月を重ねるごとに、より深みのある色合いになる
  • 環境負荷が少ない:天然素材を使用しており、環境に優しい
  • 再利用可能:リフォーム・リノベーション時に再利用できる
  • メンテナンス頻度が低い:再塗装の必要がなく、ランニングコストが低い

デメリット

  • 高額な費用:9,000~16,000円/㎡と、他の屋根材と比べて高価
  • 重量:家全体の重量が重くなり、耐震性に影響を与える可能性がある
  • デザイン性:和風住宅にのみ適している

葺き替え工事以外で屋根を蘇らせる方法

1. 手軽さと経済性を両立する「屋根の重ね葺き(カバー工法)」

既存の屋根材を撤去せずに、新しい屋根材を重ね葺きする方法です。
工期が短く、費用も葺き替えに比べて抑えられます。

また、耐震性や断熱性を向上させることも可能です。
ただし、既存の屋根材の状態によっては施工できない場合や、葺き替えに比べて耐用年数が短くなる場合がある点に注意が必要です。

2. 手軽なメンテナンス「屋根の塗装工事」

屋根材を新しくするのではなく、塗料を塗ることで防水性などの機能を復活させる方法です。
費用が比較的安価で、工期も短いため、手軽にメンテナンスを行うことができます。

ただし、塗装の効果は数年程度であり、定期的な塗り替えが必要となります。
また、屋根材の状態によっては塗装できない場合もあります。

まとめ

屋根は、風雨や紫外線から家を守り、快適な住空間を支える重要な役割を担っています。
しかし、経年劣化によって機能が低下し、雨漏りや倒壊などの深刻な問題を引き起こす可能性があります。

この記事では、屋根の葺き替え工事をするタイミング、メリット、デメリット、そして代表的な屋根材の特徴と費用相場について詳しく解説しました。

屋根の葺き替えは、費用や工期がかかりますが、雨漏りや自然災害のリスクを軽減し、安心・安全な暮らしを実現するための重要な投資です。

「まだ大丈夫」と先延ばしにせず、早めに専門業者に相談し、ご自身の住まいに合った最適な方法を見つけてください。
屋根のことでお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら