私たちの住まいには、目立たないながらも重要な役割を担っている部材があります。
それがシーリング(コーキング)です。

シーリングは、外壁材やサッシなどの隙間を埋めて、雨水や風を防ぐ役割を担っています。
目立たない存在ですが、その重要性は計り知れません。

この記事では、シーリングの役割、種類、寿命、劣化の症状などについて詳しく解説します。

シーリング(コーキング)とは?

シーリングとコーキングは、建物の目地に詰め物をして、水や空気が入り込むのを防ぐことです。
外壁材同士の隙間や、サッシと外壁の接合部などにシーリング・コーキングを施すことで、雨水が侵入するのを防ぎ、外壁材の劣化を防ぎます。

さらに、建材同士の摩擦を軽減し、地震などの揺れによる建材の破損を防ぐ効果も期待できます。
このように、シーリング・コーキングは、建物の寿命を延ばし、美しい外観を維持するために欠かせない存在なのです。

シーリングとコーキングの違い

建築業界では、「シーリング」と「コーキング」という言葉が混同されがちですが、実は微妙な違いがあります。

「シーリング」は、「隙間を密閉する」という意味合いが強く、防水性や気密性を高めるために用いられます。
一方、「コーキング」は、「隙間を埋める」という意味合いが強く、主に充填材として使用されます。

しかし、近年では両者の区別は曖昧になり、どちらの言葉も、建築物の防水性や気密性を保持するために、継ぎ目や隙間に充填する材料を指す言葉として使われています。

メーカーによっては、「シーリング材」を「シーラント」や「コーク」などと表記している場合もあります。

シーリング(コーキング)の用途

  1. 外壁
    • 外壁材のつなぎ目やサッシ廻りに施工することで、雨水の侵入を防ぎ、外壁材の劣化を抑制します。
  2. 窓・サッシ
    • 窓枠とサッシの隙間を埋めることで、雨風や外気の侵入を防ぎ、断熱効果を高めます。
  3. キッチン・浴室
    • キッチンや浴室のタイル目地や浴槽廻りに施工することで、水漏れやカビの発生を抑制します。
    • フローリングの継ぎ目や巾木と床の隙間を埋めることで、隙間風を防ぎ、断熱効果を高めます。

このように、シーリング(コーキング)は住まいの様々な場所で、快適な暮らしを守るために重要な役割を果たしています。

シーリング(コーキング)の種類

近年では、ゴムや樹脂製の「シーリング材」が主流となりましたが、用途や目的に合わせて様々な種類のシーリング・コーキングが開発されています。
それぞれの特徴を理解し、適切な種類を選ぶことが重要です。

1. アクリル系:扱いやすさと幅広い用途が魅力

  • 水性の素材で、伸びが良く作業しやすい
  • 湿っている場所にも施工可能
  • 肉痩せしやすい、耐久性・耐候性が低い
  • 外壁には不向き、太陽光が当たるとひび割れしやすい

2. ウレタン系:高い耐久性で外壁に最適

  • 硬化すると弾力性があり、高い密封効果を発揮
  • 紫外線に弱い、完全硬化までに時間がかかる
  • 外壁塗装には上から塗装が必要

3. シリコン系:水回りの補修に最適

  • 耐久性・耐水性に優れ、キッチンや浴室などの水回りに最適
  • 上から塗装による保護ができないため、外壁や屋根には不向き
  • ホームセンターで広く販売されている

4. 変成シリコン系:短時間で硬化し、外壁塗装に便利

  • 硬化時間が短く、施工後30分で触れる、1時間で塗装可能
  • シリコン系よりも耐久性が低く、ウレタン系よりも密着性が劣る
  • 価格が高い

外壁におけるシーリング(コーキング)の寿命

外壁コーキングは、風雨や紫外線から家を守り、快適な住環境を維持するために欠かせない存在です。しかし、目立たない部分だけに、その重要性を見落としがちです。

コーキングの寿命は、場所や種類によって異なりますが、一般的には5~10年程度と言われています。
特に、雨や日光が当たりやすい場所は劣化が早くなります。

5年と聞くとまだ早いと感じるかもしれませんが、目に見えない部分では既に劣化が始まっている可能性があります。
新築であっても、5年経過後は専門業者による点検を推奨します。

外壁におけるシーリング(コーキング)の劣化の症状

太陽や雨風、地震など、様々なストレスにさらされるシーリングは、経年劣化によって様々な症状が現れます。
これらのサインを見逃さず、早めに対処することが、快適な住環境を守るために重要です。

ひび割れ

地震や建物の揺れ、経年劣化によって、シーリング材にひび割れが生じることがあります。
これは、表面的な亀裂だけでなく、内部まで劣化が進んでいる可能性があります。
ひび割れを発見したら、放置せずに専門業者に点検を依頼しましょう。

破断

ひび割れが進行すると、シーリング材が完全に切れて破断してしまうことがあります。
これは、シーリング材の寿命や施工不良が原因と考えられます。
破断は雨漏りなどの深刻なトラブルにつながるため、早急に打ち替え工事が必要です。

肉痩せ

シーリング材に含まれる可塑剤が溶け出すと、肉痩せと呼ばれる症状が現れます。
シーリングが薄くなり、隙間が生じてしまうため、雨漏りのリスクが高くなります。
これは、経年劣化だけでなく、新築時にシーリング材の量が足りていなかった可能性もあります。

上記の3つの症状は、いずれもシーリング材の劣化が進んでいるサインです。
放置すると、雨漏りや外壁材の劣化、断熱性能の低下など、様々な問題を引き起こす可能性があります。

まとめ

シーリング(コーキング)は、目立たない部分にあるにもかかわらず、住まいを守る重要な役割を担っています。
雨漏りやカビなどのトラブルを防ぎ、快適な住環境を維持するために欠かせません。

シーリング(コーキング)には様々な種類があり、それぞれ特徴が異なります。
用途や目的に合ったものを選ぶことが重要です。
また、経年劣化によって劣化するため、定期的なメンテナンスが必要です。

シーリング材の寿命は、一般的に10年程度と言われています。
そのため、10年に1回の定期的な点検とメンテナンスがおすすめです。
新築後5年経過あたりを目安に、専門業者に点検を依頼することを推奨します。

シーリング(コーキング)は、住まいの健康を守るために欠かせないものです。
この記事で紹介した内容を参考に、適切なメンテナンスを行いましょう。

株式会社YU-SHINは、塗装に関連した様々な事業を展開しております。
外壁・屋根塗装はもちろん、足場仮設や防水工事、補修工事など、戸建てからビル・マンションの大規模工事まで幅広く行っております。

どんな些細なことやお困り事でも当社のプロフェッショナルにお任せください。
ご相談はこちら